バッチファイルで奇数日、偶数日で処理を変更する

NO IMAGE

バッチファイル上で日付が奇数日か偶数日かを判定して、
それぞれ違う処理をさせるバッチファイルです。

[bash]
setlocal

set /a mod=%date:~9,1% %% 2

if %mod% == 1 goto kisu

if %mod% == 0 goto gusu

:kisu
‘奇数日だった場合の処理
goto return
:gusu

偶数日だった場合の処理
:return

if %ERRORLEVEL% == 0 (
REM 成功
) else (
REM echo “失敗”
eventcreate /id 1000 /L SYSTEM /T ERROR /D “失敗しました。”
)

endlocal
[/bash]

 

Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス
Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス

posted with amazlet at 12.11.19
山近 慶一
技術評論社
売り上げランキング: 8410


%ERRORLEVEL%に実行したコマンドの実行結果が入ってくるので、
その値を利用して成功時の処理失敗時の処理を記述しています。

失敗時は、eventcreateコマンドを利用して、イベントログに記録しています。
イベントログを監視システムで監視しておくことで、ジョブの失敗成功監視ができるようになります。

 

batカテゴリの最新記事