NextCloud13から外部ストレージとしてGoogle Driveを利用する方法

NextCloud13から外部ストレージとしてGoogle Driveを利用する方法

NextCloudのバージョンを12から13にアップグレードしたところ、今まで利用していたGoogle Driveへの接続がすべて切断されてしまいました。
なぜだろう?と思って調べたところ、今まで外部ストレージアプリでOKだったものが
External storage support for Google Driveと分離されたようです。

Google API設定

Google DriveAPIを利用するため、NextCloudからの保存先としてGoogle Driveを利用したいユーザカウントでログインします。

Google Drive APIを有効化

https://console.developers.google.com/apis/dashboard へアクセスし、新規プロジェクトを適当な名前で作成します。
上部のメニューバーの▼をクリックします。

新しいプロジェクトをクリックします。

適当なプロジェクト名を入力し、作成をクリックします。

ライブラリへ移動し、Google Drive APIを有効化します。

 

認証情報の作成

左サイドバーにある認証情報をクリックします。
認証情報を作成をクリックします。
OAuthクライアントIDをクリックします。

同意画面を設定をクリックします。

ユーザに表示するサービス名を入力し保存をクリックします。
ウェブアプリケーションにチェックを入れ、名前欄に適当な名前を入力し、作成をクリックします。
OAuthクライアントIDと、クライアントシークレットキーが表示されるるので、メモ帳などにメモしておきます。

コールバックURLを設定する

作成したOAutuクライアントIDの名前をクリックします。

承認済みのJavaScript生成元欄に、NextCloudを動かしているFQDN名を入力します。

承認済みのリダイレクトURI欄に下記URLを入力し、保存をクリックします。
https://<<FQDN>>/index.php/settings/user/externalstorages
https://<<FQDN>>/index.php/settings/admin/externalstorages
https://<<FQDN>>/index.php/settings/personal/
https://<<FQDN>>/index.php/personal/

NextCloud側設定

アプリを追加する

管理者ユーザでログインし、右上のアイコンをクリックします。
アプリをクリックします。

External stirage support for GoogleDriveを有効化します。

NextCloudに外部ストレージを設定する

管理者権限をもつユーザでNextCloudにログインします。
右上ユーザアイコンをクリックし、設定をクリックします。
左サイドバーにある、外部ストレージをクリックします。

ストレージを追加をクリックし、GoogleDriveを選択します。

OAuthクライアントを作成した際に表示さえた、クライアントIDとシークレットキーを入力し、アクセス許可をクリックします。
Googleにログインページが表示されるので、APIを設定したアカウント同じIDでログインします。
アクセス許可を求められるので、許可をクリックします。

NextCloud外部ストレージ設定画面へ戻ってくるので、設定したドライブ横に○がついたことを確認します。
フォルダ名は必要に応じて変更します。

設定した外部ストレージを利用することができるユーザを指定します。

URLリンクでの共有を行いたい場合には、歯車アイコンをクリックし、共有の有効化にチェックを入れます。

NextCloudからGoogle Driveへ保存する

上部メニューバーのファイルをクリックします。

先ほど設定したフォルダ名が表示されているはずなので、フォルダをクリックします。

+アイコンをクリックし、ファイルのアップロードをクリックし、アップロードしたいファイルを選択します。

アップロード完了後Google Drive側でアップロードしたファイルが確認できれば完了です。

 


PAGE TOP