OSSの勤怠管理システム(MoSP)をインストールする~その1~

NO IMAGE

日本純正の勤怠管理システムをインストールしてみます。
基本的には、丁寧に説明されているPDFファイルを見ながらセットアップすれば何も難しいことはありません。

前提
・CentOS 6.3 x64
・インターネットへ接続が可能であること

#yum install java-1.6.0-openjdk-devel
#yum install tomcat6 tomcat6-webapps tomcat6-admin-webapps
#yum install httpd

下記のファイルを作成します。

#vi /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf

以下の内容を記述し、保存します。

ProxyPass /time4/srv/ ajp://localhost:8009/time4/srv/
ProxyPass /time4/pub/ ajp://localhost:8009/time4/pub/

自動起動設定をします。

#chkconfig httpd on
#chkconfig tomcat6 on

DBとしてPostgreSQLを利用するので、PostgreSQLをインストールします。

#yum install postgresql-server
#service postgresql initdb

pg_hba.conf ファイルに追記し、認証方法を指定します。

#vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
host    all         all         127.0.0.1/32          ident
  ↓ 下記のように変更します。
host    all         all         127.0.0.1/32          md5

自動起動設定をします。

#chkconfig postgresql on
#service postgresql start

PostgreSQLのパスワードを設定します。

#su - postgres
$psql
postgres=#\password
新しいパスワード:<パスワードを入力>
もう一度入力してください:<同じパスワードを入力>
postgres=#\q
$exit
#

システムのアップデートを実行します。

#yum update

MoSPのホームページから、勤怠管理モジュールをダウンロードします。
ダウンロードした、time4.warを、/usr/share/tomcat6/webapps/ ディレクトリへ移動します。
下記コマンドは例ですので、ファイルパスは環境にあわせて変更してください。

#mv time4.war /usr/share/tomcat6/webapps/

Apacheとtomcatを起動します。

#/etc/rc.d/init.d/httpd start
#/etc/rc.d/init.d/tomcat6 start

ブラウザから、下記URLへアクセスします。

http://<SERVER_IP>/time4/pub/common/html/setup.html

その2へ続きます。

勤怠管理システムカテゴリの最新記事