UT-VPNサーバを構築する

UT-VPNサーバを構築してみました。
前々から試してみたかったのですが、なかなかできずだったので

UT-VPNのページはこちら

ダウンロードはこちらからできます。

今回は、CentOS6.3 x64にインストールします

必要パッケージをインストールします

yum -y install readline-devel ncurses-devel openssl-devel

ダウンロードしたファイルを解凍します

#cd /usr/local/src/
#tar -zxvf utvpn-src-unix-v101-7101-public-2010.06.27.tar.gz
#cp /usr/include/openssl/* /usr/local/src/utvpn-src-unix-v101-7101-public-2010.06.27/src/Mayaqua/openssl/

コンパイルしてインストールします

#./configure
対話式に進むので、
 1.Linux
  2.64bit
を選択します
#make && make install

起動スクリプトを準備します。

/etc/inti.d/utvpnserverとして保存します

#!/bin/sh
# chkconfig: 2345 99 01
# description: UT-VPN server

DAEMON=/usr/bin/utvpnserver
LOCK=/var/lock/subsys/utvpnserver

test -x $DAEMON || exit 0

case "$1" in

start)
      $DAEMON start
      touch $LOCK
      ;;
stop)
      $DAEMON stop
      rm $LOCK
      ;;
restart)
      $DAEMON stop
      sleep 3
      $DAEMON start
      ;;
*)
      echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
      exit 1

esac
exit 0

スクリプトに実行権限を付与します

#chmod +x /etc/init.d/utvpnserver
#chkconfig utvpnserver on

UT-VPNサーバを起動します

#/etc/init.d/utvpnserver start

この先は、UT-VPNサーバ管理マネージャーを利用して、各種設定を行っていきます。

 

 


PAGE TOP