AutoPilotデバイスの登録をPower Shellからコマンド1つで完了させる方法

AutoPilotデバイスの登録をPower Shellからコマンド1つで完了させる方法

AutoPilotデバイスの登録をPower Shellからコマンド1つで完了させる方法

以前の記事のやり方の場合、一度CSVを出力し、出力したファイルをIntuneへインポートするという手順でしたが、
Upload-WindowsAutopilotDeviceInfoというコマンドを利用することで一度に登録までやってくれます。

下記手順でコマンドをインストールし、実行していきます。

下記コマンドを実行する

しばらくするとWindows AutoPilotデバイスに表示されてきます

 

一発で登録されるので便利ですね!

 

 

Autopilotカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。