IDCFクラウドのRDBを試す

IDCFクラウドのRDBを試す

IDCFクラウドでRDBがサービスに追加されたので、試してみました。

まずはゾーンを有効化します。
これに気づかずDBサーバ作成ができない!ってなってました・・・
(ちょっとわかりづらいですこれ)

  1. 左のメニューから【ゾーン管理】をクリックします。
    NIC00 
  2. 有効にしたいゾーン横にある、【無効】をクリックします。
    NIC01
  3. しばらくすると、ステータスが[有効]になります。
    NIC02
    このFAQを見ると、ゾーンを有効化しただけでは、料金は発生しないようなのですが、
    IDCFクラウドRDBサービス概要だと、追加IP500円となっているんですが、
    結局料金どうなるんでしょうかね・・・
  4. トップバーから、[東日本リージョン]→【RDB】をクリックします。
    01
  5. RDB管理ページが開きます。
    【DBサーバ作成】をクリックします
    02
  6. 必要項目を入力します。
    03
  7. DBボリュームの容量を入力し、【申し込む】をクリックします。
    04
  8. 内容を確認して、【申込む】をクリックします。
    05
  9. 【OK】をクリックします
    06
  10. DBサーバの作成がはじまります。
    07
  11. ステータスが、[Provisioned]になれば作成完了です。
    08
  12. [アクセス情報]タブをクリックすると、ホスト名が表示されるので、
    このホスト名を接続先とし、クライアントツールから接続をします。
    09
  13. ツールから接続できればOKです。
    アクセスグループを設定していないので、IDとPWがあればどこからでもDBインスタンスに接続できてしまいますので、必要に応じてアクセス制限を設定してください。
    10

ストレージ追加等もできるようなので、このあたりをまたまとめたいと思います。
11

 

DBインスタンスがある状態では、課金状態となります。
課金をなくすには、DBインスタンスを削除するしかありません。
このあたりはAWS RDSと一緒ですね。
AWSもそうなんですが、DBサーバ停止時は無課金とかやってほしい・・・

IDCFセルフクラウドカテゴリの最新記事