Active Directoryを利用して、無線RADIUS環境を構築する~その2…

NO IMAGE

前回のその1からの続きです。

続いて証明書の設定をしていきます。

[証明書テンプレート]上で右クリックし、【管理】をクリックします。

16

[Autoenro]上で右クリックし、【テンプレートの複製】をクリックします。

17

[Windows Server 2003 Enterprise]を選択し、【OK】をクリックします。

18

[テンプレート表示名]、[テンプレート名]を変更し、【OK】をクリックする

19

ADの電子メールが入っているユーザにのみ証明書を発行したい場合には、
電子メール名にチェックをつけます。(今回はつけません)

20

Domain Usersグループに、登録・自動登録の許可にチェックがついていることを確認します。

21

各種プロパティダイアログを閉じます。
認証局上で右クリックし、[すべてのタスク]→[CAのバックアップ]をクリックします。

cabk01

【次へ】をクリックします。

cabk02

[秘密キーとCA証明書]にチェックを入れ、出力先を設定し、【次へ】をクリックします。

cabk03

パスワードを入力し、【次へ】をクリックします。

cabk04

【完了】をクリックします。

cabk05

その3に続きます。

ADを利用して無線RADIUS環境カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。