Active Directoryを利用して、無線RADIUS環境を構築する~その7~

NO IMAGE




その6からの続きです。

[ユーザーの構成]→[ポリシー]→[Windowsの設定]→[セキュリティの設定]→
[公開キーのポリシー]→【証明書サービスクライアント – 自動登録】 をダブルクリックします。
78
[構成モデル]を【有効】に設定します。

 

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

posted with amazlet at 12.11.22
富士通 (2012-11-30)
売り上げランキング: 2434


[有効期限が切れた証明書を書き換え、保留中の証明書を更新、および執行した証明書を削除する]

[証明書テンプレートを使用する証明書を更新する]
にチェックを入れ、【OK】をクリックします。

79
 



[ユーザの構成]→[Windowsの設定]→[セキュリティの設定]→[公開キーのポリシー]
→【証明書サービスクライアント – 資格情報の移動】をダブルクリックします。

80
 [有効]にチェックを入れ、【OK】をクリックします。
81

【OK】をクリックします。
82

プロパティダイアログを閉じ、グループポリシー管理エディターを閉じます。

その8へ続きます。

ADを利用して無線RADIUS環境カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。