Active Directoryを利用して、無線RADIUS環境を構築する~その6~

NO IMAGE

その5からの続きです。

[グループポリシーオブジェクト]上で右クリックし、【新規】をクリックします。
61

好きな名前をつけて【OK】をクリックします。
62

作成したGPO名上で右クリックし、【編集】をクリックします。
62_1

Microsoft Windows Server 2008 リソースキット グループポリシー編 (マイクロソフト公式解説書)
Derek Melber Windows Group Policy Team
日経BPソフトプレス
売り上げランキング: 394432


[コンピュータの構成]→[ポリシー]→[Windowsの設定]→[ワイヤレスネットワーク(IEEE802.11)ポリシー]
上で右クリックし、【Windows Vista以降のリリース用の新しいワイヤレスネットワークポリシーの作成】をクリックします。
72

[ポリシー名][説明]欄に記入します。
【追加】をクリックし、【インフラストラクチャ】をクリックします。
74
[ プロファイル名]に名前を入力します。
[ネットワーク名] にSSIDを入力し、【追加】をクリックします。
SSIDを隠している場合には、[ネットワークがブロードキャストしていない場合でも接続する]にチェックを入れます。
75

[セキュリティ]タブをクリックします。
[認証]は、「WPA2-エンタープライズ」
[暗号化]は、「AES」
[ネットワークの認証方法の選択]は、「Microsoftスマートカードまたはその他の証明書」
に設定し、【プロパティ】をクリックします。
76

[信頼されたルート証明機関]から追加したルート証明書を選択し、チェックをつけ【OK】をクリックします。
77

プロパティダイアログを閉じます。

ADを利用して無線RADIUS環境カテゴリの最新記事