Active Directoryを利用して、無線RADIUS環境を構築する~その3~

NO IMAGE

前回のその2からの続きです。

次にネットワークポリシーとアクセスサービスの役割を追加します。

サーバマネージャーを起動し、【役割の追加】をクリックします。
01

[ネットワークポリシーとアクセスサービス]にチェックを入れ【次へ】をクリックします。
22



【次へ】をクリックします。
23

[ネットワークポリシーサーバー]にチェックを入れ、【次へ】をクリックします。
24

【インストール】をクリックします。
25

【閉じる】をクリックします。
26

[スタート]→[管理ツール]→[ネットワークポリシーサーバー]をクリックします。
27

[RADIUSクライアント]上で右クリックし、【新規】をクリックします。
28

[このRADIUSクライアントを有効にする]にチェックを入れます。
フレンドリ名にはわかりやすい名前を入力します。(例AP01等)
アドレス欄には、無線APのIPアドレスを入力します。
共有シークレット欄には、好きなパスフレーズを入力します。
(ここで決めたパスフレーズをアクセスポイント側にも設定しますので、忘れないようにしてください)
29
その4に続きます。

ADを利用して無線RADIUS環境カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。