ALMiniumをインストールし、AD認証を設定する

Redmineのプラグインやもろもろを一発でインストールしてくれるものです。

公式サイトより
簡単なインストーラ

  • Redmine,Subversion,Git,Mercurialなどプロジェクトマネージメントに必要なツールを一通りインストールしてくれます。ツール間のアカウント・アクセス権の連携や、チェンジセット・チケットの連携も自動で行ってくれます。
  • アジャイル開発や、CIに便利な各種プラグインもインストールしてくれます。

 

というわけで早速インストールしてみます。

環境は、下記で実施しています。
CentOS6.3 x64


インストールはとても簡単で、下記のようにコマンドを実行するのみです。

#yum install git
# git clone https://github.com/alminium/alminium.git
# cd alminium
# bash ./smelt

インストール途中で、いくつかの質問に答えればセットアップは完了です。
セットアップが完了したら、設定したURLにアクセスします。
例)https://www.example.com/    (SSLを有効にした場合)

ログイン画面が表示されるので、ID:admin、PW:admin でログインします。
01

【管理】をクリックします
02

【LDAP認証】をクリックします
03

各欄に以下の情報を入力していきます。
下記は、ADのドメイン名が、example.jp と仮定して記述しています。

名称 わかりやすい名称を入力
ホスト ADサーバのIPアドレス
ポート 389
アカウント example\administrator (←administrator以外でも構いません)
パスワード アカウントで設定したユーザのパスワード
検索範囲 DC=example,DC=jp
LDAPフィルタ
タイムアウト
あわせてユーザーを作成 チェックをつける

属性

ログイン sAMAccountName
名前 givenName
苗字 sN
メールアドレス mail

【作成】をクリックします。

一度ログアウトし、ADに登録されているユーザID、パスワードを利用してログインを行います。
ログインできない場合には、/opt/alminium/log/production.log にログが記録されるので、こちらを確認し設定等を修正してください。

ログインに成功したユーザは、ALminiumのユーザとして表示されるようになります。


PAGE TOP