1台でCloudStack~その1~

NO IMAGE

続き物のスクリーンショットがなかなか取れないので別ネタです。

今回は、物理サーバ1台でCloudStack環境を構築します。

前提 
 仮想化対応CPUを搭載した物理サーバ
  HDDは500GB以上
 メモリ4GB以上
 CentOS6.3 x64
  ハイパーバイーザにはKVMを利用
 インターネットへ接続できる環境であること

まず最初に、完全修飾ホスト名がついているか確認します。

#hostname –fqdn


そうでない場合には、/etc/hostsを編集し完全修飾ドメインとなるようにしてください。

次にSELinuxを無効にします。

#vi /etc/sysconfing/selinux
SELINUX=disabled


SELinuxの変更を有効にするため、マシン再起動をしてください。

次にリポジトリを追加します。

 

KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド
平 初 森若 和雄 鶴野 龍一郎 まえだ こうへい
翔泳社
売り上げランキング: 116,003

#cd /etc/yum.repos.d/
#vi CloudStack.repo

下記内容を追記し、保存します。

[cloudstack]
name=cloudstack
baseurl=http://cloudstack.apt-get.eu/rhel/4.0/
enabled=1

gpgcheck=0


 NTPをインストールします。

#yum install ntp


/etc/ntp.confは各自の環境にあわせ編集してください。 
NTPを起動します。

#/etc/init.d/ntpd start


 管理サーバをインストールします。

#yum install cloud-client


 NFSサーバをインストールし、起動します。

#yum install nfs-utils rpcbind
#/etc/init.d/nfs start
#chkconfig nfs on
#chkconfig rpcbind on 


MySQLをインストールし、起動します。

#yum install mysql-server
#mysql_install_db
#/etc/init.d/mysql start
#chkconfig mysqld on 

MySQL rootアカウントのパスワードを設定します。

#mysql -u root
mysql>set password for [email protected]=PASSWORD(‘password’);
mysql>exit


mysqlの設定ファイルに追記します。

#vi /etc/my.cnf


下記内容を追記し保存します。

innodb_rollback_on_timeout=1
innodb_lock_wait_timeout=600
max_connections=350
log-bin=mysql-bin
binlog-format = ‘ROW’


MySQLを再起動します。

#/etc/init.d/mysqld restart


長くなったので、その2へ続きます。

Linuxカテゴリの最新記事