rocketeerでdeployする

QIITAにも同様の記事を投稿しています。

インストール

composerインストール

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

composer.pharをパスが通っているディレクトリに移動します。

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

rocketeerを配置したいディレクトリに移動します。
下記コマンドを実行します。

composer require anahkiasen/rocketeer:dev-master

カレントディレクトリ配下に、vendorというディレクトリが配置されています。
vendor/bin/rocketeer ファイルが出来上がっていればOKです。

初期設定を行う

./rocketeer ignite

いくつか質問されますが、すべてEnterキーを押していきます。
実行したディレクトリ配下に、.rocketeer というディレクトリが作成されます。

設定ファイルを変更する

.rocketeerディレクトリに移動し、設定ファイルを編集していきます。

cd .rocketeer
ls
config.php  hooks.php  logs  paths.php  remote.php  scm.php  stages.php

リポジトリ情報の設定を行います。

vi scm.php
変更箇所は、下記です。
'repository' => 'リポジトリURL',
リポジトリアクセスに認証が必要であれば、こちらを設定します。
'username'   => 'ユーザ名',
'password'   => 'パスワード',
こちらも必要に応じて変更してください。
'branch'     => 'master',

デプロイ先サーバの設定を行います。

vi config.php
今回は、productionをそのまま利用します。
ホストや、対象サーバへログインするための情報を設定します。
'production' => array(
   'host'      => '',
   'username'  => '',
   'password'  => '',
   'key'       => '',
   'keyphrase' => '',
   'agent'     => '',
),

デプロイ先のディレクトリを指定します

vi remote.php
変更箇所は、
'root_directory'   => '/var/www/',
'app_directory' =>'AppName',

その他パーミッション設定等もありますが、今回は単純にデプロイのみの説明です。

実際にデプロイしてみる

cd vendor/bin
./rocketeer deploy

確認する

対象サーバにリポジトリから取得したファイルが展開されていればOKです。
下記のようにcurrentというのがシンボリックリンクで作成されます。

current -> /var/www/AppName/releases/20140821142320

トラブルシューティング系

リポジトリサーバに、オレオレ証明書を利用していたりする場合(httpsでリポジトリアクセス)
には、デプロイ対象サーバ側に、.gitconfigを配置し、

[http]
   sslverify = false

としておかないと、リポジトリにアクセスできず、エラーとなります。


PAGE TOP