rocketeerでdeployする

rocketeerでdeployする

QIITAにも同様の記事を投稿しています。

インストール

composerインストール

composer.pharをパスが通っているディレクトリに移動します。

rocketeerを配置したいディレクトリに移動します。
下記コマンドを実行します。

カレントディレクトリ配下に、vendorというディレクトリが配置されています。
vendor/bin/rocketeer ファイルが出来上がっていればOKです。

初期設定を行う

いくつか質問されますが、すべてEnterキーを押していきます。
実行したディレクトリ配下に、.rocketeer というディレクトリが作成されます。

設定ファイルを変更する

.rocketeerディレクトリに移動し、設定ファイルを編集していきます。

リポジトリ情報の設定を行います。

デプロイ先サーバの設定を行います。

デプロイ先のディレクトリを指定します

その他パーミッション設定等もありますが、今回は単純にデプロイのみの説明です。

実際にデプロイしてみる

確認する

対象サーバにリポジトリから取得したファイルが展開されていればOKです。
下記のようにcurrentというのがシンボリックリンクで作成されます。

トラブルシューティング系

リポジトリサーバに、オレオレ証明書を利用していたりする場合(httpsでリポジトリアクセス)
には、デプロイ対象サーバ側に、.gitconfigを配置し、

としておかないと、リポジトリにアクセスできず、エラーとなります。

Linuxカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。