CentOS7にOCS NG Inventoryをインストールして、IDCFクラウドのテンプレートして公開しようとしてみた

CentOS7にOCS NG Inventoryをインストールして、IDCFクラウドのテンプレートして公開しようとしてみた

IDCFコミュニティテンプレートして公開させようと思い、IDCFクラウド上にOCS NG Inventoryを構築してみました。
以前の記事のCentOS 7版です

epelリポジトリ追加

MariaDBのインストール

MySQL(mariadb)のセキュリティ設定を行います。
今回はテンプレートとして公開しよと思っているので、特に設定は解説しませんが、
対話式に進めて設定を完了させます。

OCSNG Inventoryのインストール

Apacheの起動

OCSNG Inventoryのセットアップ

http://サーバIP/ocsreports/install.php へアクセスし、ウィザードを進めます。

OCSNG Agentのインストール

OCSNGをインストールしたマシンのインベントリ情報を取得するよう今回は設定

GLPIインストール

必要ユーザ、データベース作成

GLPIインストール

http://サーバIP/glpi/ へアクセスし、ウィザードを進めます。

ログインできることを確認した後、installディレクトリへのアクセスを制御するか削除します。

各種IDの初期パスワードを変更します。

glpiとOCSNGのリンク設定

プラグインを、glpiのpluginsフォルダに配置し、プラグインを有効化します。
yumでインストールした場合、glpiのバージョンが少し低いため、最新のプラグインを配置すると
インストールができないので、glpiのバージョンにあったプラグインを配置するよう注意してください。

IDCFでテンプレートを公開する

スナップショットを取得する

IDCFクラウドのヘルプページを参照

テンプレートを作成する

IDCFクラウドのヘルプページのほうがわかりやすいのでこちらを参照

発行者情報を新規作成する

テンプレートを公開するためには、発行者情報を追加する必要があるようです。
menu

[アカウント設定] → [発行者情報] → 【新規追加】をクリックします。
クリックしたら、下記エラーが・・・

error

 

チケットを発行して、IDCFへ発行者情報を追加できるように依頼中です・・・
せっかくつくったのに・・・。
発行者情報が追加できるようになったら、テンプレートとして公開してみたいと思います!
その際には、またこちらの記事と新規記事で投稿します!

OSSカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。