Microsoft Intune+DEP+VPPでiPhoneにアプリを配信する Part3

Microsoft Intune+DEP+VPPでiPhoneにアプリを配信する Part3

Microsoft Intune+DEP+VPPでiPhoneにアプリを配信する Part3

その2からの続きです
DEP端末になったので、最後はアプリの自動配信をやっていきます。
VPPはDEP端末(監視モード)でなくても配布可能です。
MDMプロファイルさえインストールされていれば利用可能ですが、完全なサイレントインストールにはなりません。

VPPトークンダウンロード

  1. ABMへログインします
  2. 今後も考えまずVPPトークン用に場所を作成します。
  3. 左ペインから場所を選択し、「+」アイコンをクリックします
  4. VPPトークンは場所毎に発行されるので場所名に、「VPP for Intune」と入力し、住所等をいれ【保存】をクリックします
    複数MDMを利用する場合に同じVPPトークンを利用するとVPP情報が正しく反映されなかったり、利用不可になったりするため、MDM毎に場所を定義しそれぞれのVPPトークンを利用することをお勧めします

 

続きを150円で購入する

 

Iintuneカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。