Dynamicsインスタンスの管理モードを無効化する方法

NO IMAGE

Dynamicsのサンドボックスを利用して、Power Automateの確認をしようと思ったのですが、
全然トリガーが発動しなくて、なぜ?と思ったのをツイートしたところ親切に教えていただけました。
自分もすっかり忘れていたのですが、管理モードだとバックグラウンド処理が動かなくなります。

こちらのページをよく参照させていただいているのですが、UIが更新されてかなり手順が変わってしまったので備忘録として残します

 

  1. Power Platform管理センターへアクセスします
  2. サンドボックス環境をクリックします
  3. 【編集】をクリックします
  4. 管理モードを無効にするか、バックグラウンド操作を有効にします
  5. これでバックグラウンド処理が実行されるようになります

 

該当ツイートはこちらです

Dynamics365カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。