Dynamics 365 Marketing イベント参加者をイベント出席者としてインポートする

Dynamics 365 Marketing イベント参加者をイベント出席者としてインポートする

Dynamics 365 Marketingにはイベントという機能があります。
イベント登録から受付までの機能があり、他のMAにはないような機能だと思うのですが、
まだ融通がきくシステムになっていません(笑)
といってもただ普通に使う分には十分だとは思います。

集客や参加登録はコーポサイトやプロダクト紹介ページのフォームから実施するということもあるかと思います。
そうなるとせっかくCRMがあるのにこの人このイベントに参加してくれたんだっけ?
という情報がバラバラに管理されることになってしまいとてもいけてないと思います。
そのため外部で収集したデータをD365マーケのイベントへイベント参加者としてインポートします
プログラムができれば、APIで登録させるのがいいかと思いますけど
開発力ないので、インポート方法です・・・

前提

  • D365 Marketing上にイベントを作成済みであること
  • 取引先担当者の代替えキーにメールアドレスが設定されていること
    (↑一意なメアドしかD365上に登録しない設定です
    ここは運用によるので無理という方はGUIDや別ななにか一意となっているキーを指定してください)

インポート用データの作成

ビューをダウンロード

  1. D365 Marketingアプリを開きます
  2. イベント管理→【イベント登録】をクリックします
  3. 【Excelにエクスポート】をクリックします
  4. 現在のビューの状態でExcelファイルがダウンロードされます
  5. 必要なカラムは、取引先担当者とイベントです(A〜C列まではセルの中身を削除してください)
    なので、こんな感じになるようにExcelを編集します
  6. EXCELからのインポートを選択します

  7. ファイルを選択し、【次へ】をクリックします

  8. 【マッピングの確認】をクリックします

  9. 新規で参加者を登録するので、登録IDは「マッピングなし」にします

  10. 取引先担当者(Lookup)横にある虫眼鏡アイコンをクリックします
  11. 取引先担当者にある「氏名」を削除し、「電子メールアドレス」に設定します

  12. 【OK】をクリックします

  13. 【インポート完了】をクリックします

  14. 確認ダイアログが表示されるので、問題なければ【確認】をクリックします

  15. インポート状況を確認するために、【進行状況の追跡】をクリックします。

  16. インポートが完了したら、インポートがされたことを確認します
  17. 該当イベントをクリックし、出席者に登録されていることを確認します

これでCRM上で、誰が度のイベントに参加してくれたのかを管理することができますね!
Typeformや別なフォームとAPIで簡単に繋げられるといいなと思いつつ
今後の連携やアップデートに期待です。

 

イベント登録されていると、マーケティングのセグメントクエリで以下のように設定することで
このイベントに参加してくれた人という条件で抽出することができます

Marketingカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。